健保からのお知らせ

2014/03/03

70歳代前半の被保険者等に係る一部負担金の軽減特例措置について

70歳代前半の被保険者及び被扶養者に係る一部負担金の軽減特例措置に付きまして、平成26年4月より見直されることとなり、これに伴い「 高齢受給者証 」の記載内容が変更されます。

平成26年4月より一部負担の割合( 現役並み所得者を除く )が次のとおり変更となります。

○平成26年4月1日以降に70歳に達する方 「 2割

○平成26年3月31日以前に70歳に達する方は、引き続き軽減措置の対象となり「 1割

○現役並み所得者( 標準報酬月額28万円以上 )は、4月以降も3割負担となります。

なお、3割負担の高齢受給者証をお持ちの現役並み所得者に付きましても、保険者所在地の記載内容変更のため差し替えが必要となります。

~差し替え方法~

3月中旬までに、対象の方の事業所へ新しい高齢受給者証を送付いたします。3月中に差し替えの上、旧証は健保までご返送ください。

~高齢受給者証の記載内容変更点~

一部負担金の割合

 旧表示 2割( 平成26年3月31日までは1割

 新表示 2割( 75歳到達まで特例措置により1割

保険者所在地

 「 東京都千代田区三番町1-5 」へ変更

詳しくはこちらをご覧ください。

→70歳代前半の被保険者等に係る一部負担金の軽減特例措置について(PDF)