健保からのお知らせ

2020/10/09

新型コロナウイルス感染症の影響による保険者算定の特例の延長等について

令和2年4月から7月までの間に新型コロナウイルス感染症の影響により休業した方で、休業により報酬が著しく下がった方について、事業主からの届出により、健康保険・厚生年金保険料の標準報酬月額を、通常の随時改定(4か月目に改定)によらず、特例により翌月から改定可能となっておりますが、令和2年9月29日付にて、厚生労働省より「新型コロナウイルス感染症の影響による休業に伴い報酬が急減した者等についての健康保険の標準報酬月額の保険者算定の特例の延長等について」の通知がありました。

 

詳しい内容につきましては下記リーフレットをご確認下さい。

【ポイント】コロナ特例改定の「延長等」

⇒ 標準報酬月額の保険者算定の特例について

 

届出用紙

特例改定の延長

 ① [ 特例 ] 月額変更届(8~12月を急減月とする場合(特例改定の延長)) PDF EXCEL

 ② [ 特例 ] 申立書     PDF WORD

 ③ 同意書        PDFWORD

 ④《 添付書類 》急減月と前2か月分の賃金台帳3か月分の写し

 

定時決定の保険者算定

 ① [ 特例 ] 月額変更届(8月報酬による定時決定の場合(定時決定の保険者算定)) PDF EXCEL

 ② [ 特例 ] 申立書  PDFWORD

 ③ 同意書       PDFWORD

 ④《 添付書類 》急減月と前2か月分の賃金台帳3か月分の写し

 

休業が回復(※1)した場合

 ① [ 特例 ] 月額変更届(7月または8月改定該当者) PDFEXCEL

 ② [ 特例 ] 月額変更届(休業が回復した場合)    PDFEXCEL

 

休業回復特例改定をご提出する場合の注意

・令和2年4月から7月までの間に新型コロナウイルス感染症の影響により休業した特例月変で、7月または8月改定をされた方での休業回復改定は、休業が回復した月(※1)から3か月後の4か月目に改定されますので、用紙につきましては[特例]月額変更届(7月または8月改定該当者)でご提出下さい。

・令和2年8月から12月に特例の延長等での改定をされた方は、休業が回復した月(※1)の翌月から休業回復改定されますので、[特例]月額変更届(休業が回復した場合)でご提出下さい。

 

(※1)休業が回復した月とは、報酬支払の基礎となった日が17日(特定適用事業所に勤務する短時間労働者は11日)以上となり、事業主からの休業命令や自宅待機指示などで、その間、使用関係が継続していれば、当該休業した日を、当該休業した日について支払われた報酬の有無にかかわらず、当該報酬支払の基礎となった日として取り扱います。