健保からのお知らせ

2016/10/28

【重要】厚生年金保険への届出回付事務の廃止について

厚生年金保険各種届出の回付事務を、平成29年1月1日をもって廃止いたします!

現在、当組合では日本年金機構への届出の回付事務を執り行っております。
これは、事業所のご担当者様の利便性を図る上で一定の役割を担ってきたものと思っておりますが、平成29年1月から始まるマイナンバーの届出書への記載に伴い、当該回付事務を継続していくことができなくなります。

下記理由等をご参照いただきまして、ご理解ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

理 由

現在、厚生年金保険の適用関係にかかる届出書を当組合に提出された場合、当組合が日本年金機構等へ回付する「回付事務」を行っています。
平成 29 年 1 月より当該届出書に特定個人情報(マイナンバー)を記載することとなりますが、マイナンバーが記載された厚生年金保険にかかる届出書(CD等の電子媒体含む)を健康保険組合が取り扱うと『行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律』(番号法)で定められた利用範囲などに抵触することになります。そのため当組合は、番号法を遵守するため「回付事務」を廃止させていただきます。
また、国民年金第 3 号被保険者関係届については、当組合が被扶養者認定の医療保険者証明を行い日本年金機構へ届出書を送付する「経由事務」を行っていますが、この経由事務(医療保険者の証明を含む)についても、同様に廃止させていただきます。

 

平成29年1月以降の厚生年金への届出

・厚生年金保険にかかる届出書の提出事業主が直接日本年金機構(管轄の事務センター)へ提出してください。
※ マイナンバーが記載されていない届出書についても同様です。

・提出した届出内容に変更があった場合、当組合にもその旨を連絡してください。

・廃止日以降に届いた厚生年金保険の届出については、恐れ入りますが事業所へご返送させていただきますのでご了承ください。

・厚生年金基金提出分についても同様の取扱をさせていただきます。

 

国民年金第 3 号被保険者関係届の経由事務廃止後の取り扱い

・事業主が当組合の被扶養者認定結果に基づき証明を行い、直接日本年金機構 (管轄の事務センター)へ提出してください。

・具体的には、第 3 号被保険者関係届の左下の事業主印の欄に「医療保険者の被扶養者であることを証明する」と記載し証明いただくか、当組合から交付した第 3 号被保険者の方の被保険者証の写しを添付してください。

 ※ 第 3 号被保険者の資格取得日と扶養認定日が相違する場合は、他の書類の提出を求められる場合があります。(← 詳細は日本年金機構へご確認ください)

 

【リンク】 全国の事務センター一覧(日本年金機構)

【問合せ先】 総務課 ℡ 03-3265-3237